食事誘導性体熱産生(DIT)ってなに? | 絶対痩せる方法|40代女ダイエット日記

食事誘導性体熱産生(DIT)ってなに?

★飲むだけで痩せたいならコレだね★
⇒わたしが「30日間飲むだけで5キロ痩せた体験記録」はコチラ

こんにちは。
パソコンの前に座っていると、肩こりがひどいアオイです。

ピップはオバサンくさいから、マグネループが手放せなくなってます。
食事誘導性体熱生産(DIT)ってご存知でしょうか。

人の消費するエネルギーは大雑把に分けて3つあります。

「基礎代謝」寝ていても消費する生命維持のためのエネルギー、
「生活代謝」活動して消費するエネルギー、「食事誘導性熱生産」の3つです。

この3つ目の聞き慣れない食事誘導性熱生産は、食事をするときに
消費するエネルギーなのです。

総エネルギー消費=基礎代謝+生活代謝+食事誘導性体熱生産
という計算になります。

このDITを高めると、ちょっとした運動をするよりも楽にエネルギーを
消費することができるようになるのです。

まずメニューは温かいものを選んでください。
体を温めると、DITも上がります。

食事の時間によっても消費エネルギーに違いがあります。
一番多くエネルギー消費されるのが朝。

その次が昼。
時間の経過とともに低下していき、深夜は最低になります。

DITを効率よく働かせるには、朝しっかりと食事をすることなのです。
緑茶やコーヒーに含まれるカフェインもDITを高める効果があります。
食着のコーヒーは理に適っているんですね。

ただ食事をするのではなく、いろいろ考えつつ食事をすれば、
運動をするダイエットよりも効果が出るかもしれませんね。

食べながらダイエット、素敵です!

今回はこれでお開きに。
ご拝読ありがとうございました。


★飲むだけで痩せたいならコレだね★
⇒わたしが「30日間飲むだけで5キロ痩せた体験記録」はコチラ




サブコンテンツ

このページの先頭へ